« 祭りの余韻 | トップページ | 救いのディナー »

2007年3月23日 (金)

世間は狭い

大学で就職相談を行なった。きょうは仕事仲間のキャリアコンサルタントM子さんと一緒だった。

昼食の休憩のとき、M子さんが何気なく「大学のときの部活の1年後輩が、あなたの以前の会社にいるはずなんだけど、Fって知ってる?」と訊いた。はいはい、よ~く知っている元後輩の名前だった。それからひとしきり彼の「武勇伝」で盛り上がり、楽しいランチタイムになった。勢いがつき、電話をしてびっくりさせてあげましょう、と言うことになり、まず私が電話をして「お久しぶりね、その後お変わりありませんか?」と当たり障りの無い話をした後、「ちょっと待ってね、」と、M子さんに代わった。F氏は、はじめ何故私と、部活の先輩が一緒に居るのか?が理解できなかったようで、大いにあわてたそうだ。しかし事情が分かってからも彼の動揺はおさまらなかった。

だって、部活の先輩と元会社の先輩、二人のコワいおんなが、自分の弱みの情報交換をしてしまったのである。彼にとってこれほどコワいことはない。近いうちに3人で飲む約束をして電話を切り、彼の狼狽ぶりでまたひとしきり笑わせていただいた。  F氏の名誉のために申し添えると、若いときからこれまで数々の「武勇伝」をお持ちではあるが、仕事上ではれっきとした役職に就き素晴らしい業績を上げていらっしゃる、立派な企業人である。

世間は狭い。

|

« 祭りの余韻 | トップページ | 救いのディナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世間は狭い:

« 祭りの余韻 | トップページ | 救いのディナー »