« 銀行 | トップページ | 美輪さん! »

2007年4月24日 (火)

give and give ということ

声をかけていただいていたお話がボツになった。

予算的な問題で計画自体が中止ということだった。先方からは「声をおかけしたのに申し訳ない結果になってしまった。だが、予算はなくてもやらねばならないことなので、形を変えてやってゆきたい。お金は出せないがお知恵をお借りすることもあるかも知れません。」とお話いただいた。

「業者」なんてものは、状況が変わればさっさと切られるもの。これまでもいろいろな目に遭って来た。今回の方は、まったくどうしようもない事情で計画が頓挫したにもかかわらず、こんな零細企業に礼をもってお話いただいた。ありがたいことだ。

しかも「お金がなくてもやらなくてはならないからやる」とおっしゃる。そう!世のためやらねばならぬことは、何としてでもやらねばならぬ。その通り!その心意気がうれしい。即座に「もちろん、協力させてください、」とお答えした。

give and take が当たり前の世知辛い世の中になってしまったが、仕事に限らず良い関係を築きあげるには give and give からのお付き合いが必要ではないだろうか?今回、お話はボツになって残念だったが、その方の心意気が判り、かえってよかったような気がする。損得抜きでこれからもお付き合いしてゆきたいと思う。

|

« 銀行 | トップページ | 美輪さん! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: give and give ということ:

« 銀行 | トップページ | 美輪さん! »