« 内定者 | トップページ | NPO打ち合わせ »

2007年6月29日 (金)

ひと区切り

2月から就職支援に行っていた大学の契約期間の最終日。汗をふきふき部屋へ入っていくと、職員の方から「これT君から。」とお手紙をいただく。なんとお礼状だった!

体育会系の男子学生で、クマのように大きな身体をしているが、気持ちが優しく、面接試験で本人の良さを出し切れずにいた。何度か模擬面接に付き合って、やっと自分の思い通りに話すことが出来るようになった学生だった。部活で最終日には行けないが、お礼が言いたいのでという手紙だった。朝からオニの目にも涙。汗を拭くフリをして素早くぬぐった。

その後も、随分手こずった学生達が、どこで聞きつけたのか三々五々顔を出してくれて、とても賑やかな最終日になった。中には「お母さん、きょうでお終いだったら、どこかでパート探さなきゃね。」などと私の仕事まで心配してくれる学生もいて(笑)しみじみ可笑しくうれしかった。

彼等が半年後、立派な新社会人になってくれるよう、祈っている。

|

« 内定者 | トップページ | NPO打ち合わせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひと区切り:

« 内定者 | トップページ | NPO打ち合わせ »