« ああ勘違いおとこ3 | トップページ | メール人格 »

2007年6月21日 (木)

電話攻撃

夕食を終え、ほっと寛いでいるときに電話が鳴った。着信名を見ると、あまり出たくない人物からだった。先日も仕事中に電話が入っていたのだが、出れば長くなることは必至なので気が付かなかったことにした。

「今、外だから。」などと、ウソがつける性質でもなく、二度も居留守を使うのも失礼だと思い、意を決して出ることにした。内容は、やはり予想通りどうにもならない愚痴ばかり。よくもまあ、こんなに出るわねと感心するほど愚痴悪口を並べ立て、「もう、疲れたわよ。」とおっしゃる。延々解決の糸口のない愚痴を聞かされる私の疲労は、どうしてくれるのよと、心の中でつぶやく。

長電話は、働き出した頃から大嫌いだ。私にとって電話は連絡手段でしかなく、親交を深めるツールではない。会いたい人には会いに出向くし、それが叶わぬときは、手紙を書くか、最近ではメールする。電話は目指す相手が、いまどんな状況にあるのか?がわからず、「いま、かけて良いだろうか?迷惑ではないだろうか?」と考えだすと、もういけない、私からは架けられなくなってしまう。まして相手が大切な親友や惚れた相手であれば、なおさらのこと、相手がどのような状況なのか?電話をして迷惑にならぬだろうか?と考え出すと、もう無理だ。

約1時間、言いたい放題並べ立てた後、「じゃあまたね。」とやっとこさ切っていただけた。「またね」かぁ・・・

その後、幼馴染から仕事関係の相談事の電話。こちらは歯切れ良く、話の見える話だ。近いうちに会う約束をしてテキパキ終了。これも「じゃあまたね。」で終わるが、こちらの「またね」は大歓迎だ。

|

« ああ勘違いおとこ3 | トップページ | メール人格 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電話攻撃:

« ああ勘違いおとこ3 | トップページ | メール人格 »