« ポスティング | トップページ | 喧騒嫌い »

2007年10月25日 (木)

価格破壊ということ

食品の偽装のニュースが騒がしい。テレビでは地鶏偽装の社長さんが「死のうとしたが死に切れなくて・・・」と、とつとつとした秋田訛りで語っている。

「盗人にも三部の理」どの偽装事件もあってはならない事だが、彼らはなぜ悪事に手を染めたのだろうか?はじめから悪い品を作るために業を起こす者はいないと思う。美味しいものを皆さんに届けたいと考えて製品を作っていたはずだ。しかし長引く不況の中、必死に家業を続けるうちに、世の消費者たちは「価格破壊」だの「良いものお安く」などとマスコミに煽られ、安く安くと買い叩くのが当たり前の風潮になってきた。安く出来ないのは「企業努力が足りない」と批判される。従業員の暮らしは守らねばならぬ。そこで悪いこととはわかっているが偽装に手を染めてしまうという構図があると思う。

前にも書いたが、もう一度、批判を覚悟で書かせていただく。良いものはある程度の原価はかかるもの。熱病に冒されたように何でも安いものを欲しがるな。飛躍するが、安いものを欲しがってばかりいるから、人件費も削られ「ワーキングプア」も起こるのだ。

消費者は、価格だけでなく真の「良いもの」を見抜く眼を養わねばならないと思う。それが本当の「賢い消費者」だ。

|

« ポスティング | トップページ | 喧騒嫌い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 価格破壊ということ:

« ポスティング | トップページ | 喧騒嫌い »