« 喧騒嫌い | トップページ | イケメン王子 »

2007年10月29日 (月)

ドラリオンがやって来る

シルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」名古屋公演がそろそろ始まるようだ。このところ、仕事で金山までJRに乗ることが多く、笹島のテントが出来上がる様子を観察していた。とんがり屋根のテントが上がるのを見るだけで、なんだかワクワクしてきてしまう。

(シルク・ドゥ・ソレイユをサーカスと言って良いのかどうか分からないのだが)サーカスにはワクワク気分半分、楽しさに隠れた恐ろしさ半分、そしてちょっぴりの物悲しさがあるように思う。移動式のテントを見ると、なぜか魔法にかかったように引き寄せられてしまう不思議な魅力があると感じるのは私だけだろうか?

子どもの頃、言うことを聞かない私に腹を立てた母が「悪い子はサーカスに売ってしまう。」と脅し、運動音痴で前転すらうまく出来ない私は、編み上げ靴を履いた団長に長い鞭で叩かれる様を思い浮かべ、そんなことなら家のほうがマシと真剣に泣いて謝ったものだ。

「幾時代かがありまして・・・今夜ここでのひと盛り・・・サーカス小屋は高い梁・・・」久しぶりに中原中也を読みたくなった。

|

« 喧騒嫌い | トップページ | イケメン王子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラリオンがやって来る:

« 喧騒嫌い | トップページ | イケメン王子 »