« 価格破壊ということ | トップページ | ドラリオンがやって来る »

2007年10月27日 (土)

喧騒嫌い

実は聴覚が鋭く、音程の外れた音や騒音がひどく苦手である。不協和音には子どもの頃から敏感で、下手くそな音楽演奏をやっていると逃げ出す生意気なガキだった。騒音は若い頃は「嫌だな」程度だったのが、年をとるにつれて「嫌」の加速度を増し、この頃では「大嫌い」になり、頭痛肩こりといった身体症状まで出るようになってしまった。(ワガママが加速しただけという意見もあり・笑)

昨日、幼馴染と夕食を摂った。少々シリアスな相談事もあったので、場所は席の間隔が広く取られた比較的高級なレストランにした。ここなら大丈夫、と安心して食事をしながら話を始めたのだが、安心は長くは続かなかった。金曜ということで私たちが入って程なく満席となり、その客達が勝手に大声で話を始めたのだ。広い店内と高い天井が災いして、話し声は壁や天井に反響し物凄いことになり、それに負けずと人々は声を張り上げてしゃべりまくり加えてBGMが・・・その中で友人の声を拾うのは、私にとってはひどく苦痛なことで楽しいはずの食事が一転して修行の場になってしまった。

公の場で大声で騒ぐことを、アジアの人たちは何とも思わぬことが多いが、ヨーロッパではマナー違反で大変嫌われる。パリのレストランやカフェで大声で騒ぐアジア人観光団を地元の人たちが冷ややかな目でにらんだり、はっきり注意しているところに何度か出くわしたことがある。     しかし、ここは日本、しかも私のような特異体質の人間は少数派であるし、「うるさい」と文句を言う勇気もない。我慢して耐えるしかない。デザートが出る頃にはアタマがズキズキ痛み始め、ぐったり疲れていた。

ああ、パリのさざ波のような抑制の効いた大人たちの会話が懐かしい。遅い夏休みまであとひと月・・・ひと月頑張れば、あの静寂の中に行ける。 頭痛はきょうも続き肩もぱんぱんに凝っているが、休暇という人参をぶら下げつつきょうも動き回った。

|

« 価格破壊ということ | トップページ | ドラリオンがやって来る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喧騒嫌い:

« 価格破壊ということ | トップページ | ドラリオンがやって来る »