« 携帯入力 | トップページ | 追悼集編纂 »

2007年11月10日 (土)

起業の学校卒業試験&卒業式

起業の学校の卒業試験に僭越ながら指南役として参加させていただいた。

少し早めに会場に入ると、朝から準備をされていた生徒さんたちが緊張した面持ちで最終の準備をしながら挨拶をしてくださった。こちらまで緊張が伝わり、落ち着かぬ気分になって行く。   いよいよ始まり、司会者の方がお話の中で「指南の由来は常に南を指し示し導くことで・・・」とおっしゃる。(東も西も分からずいまだ右往左往の身に、生徒さんをあるべき方向へ導くお手伝いができるのだろうか?)と、急に不安になってしまったが、もう逃げることは出来ぬ。今の私で出来る最善を尽くそうと、生徒さんのプレゼンを聴きながら決心した。

プレゼンの後は、担当する生徒さんひとりひとりのブースに行き、質問、アドバイス等、指南(キャー)させていただいた。皆さん半年以上かけて醸成させた事業プランを、一生懸命説明してくださる。大変な苦労をして練り上げた分身のような「作品」だ、こちらも襟を正して聴いた。

そんな彼らと接して、最近は日々の雑事に追われ「志」を見失いつつある煤けた己を恥じた。卒業試験は私にとっても思わぬ点検の機会となり、業を起こそうと決意した頃の気持ちを再認識することが出来た。

そして、感動の卒業式。生徒さん個々に宛てた文面で作られた卒業証書を、大姉御みずからが読み上げ、手渡しするという、手間のかかった贅沢きわまりない卒業式だった。涙涙でフィナーレを迎え、卒業写真で笑顔を取り戻し、無事修了となった。

その後は、場所を変えて謝恩会。卒業生の皆さん、起業の大先輩であるコアネゴの皆さまと楽しく飲み、かつ、しゃべった。

ご機嫌で帰宅。玄関のドアで嫌というほど足の小指をぶつけた。痛っ (T_T)

|

« 携帯入力 | トップページ | 追悼集編纂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 起業の学校卒業試験&卒業式:

« 携帯入力 | トップページ | 追悼集編纂 »