« 母帰る?! | トップページ | 馬食鯨飲 »

2007年12月24日 (月)

クリスマスの思い出

穏やかで温かなクリスマスイブになった。しかも振り替え休日で、のんびり過ごしている。家族のためにご馳走を作り、お酒を選び、少しだけ日ごろのつみ滅ぼしをした。

これまで働き出してからのクリスマスと言うと、ロマンティックなクリスマスも有るにはあったが、多くの場合は月末の仕事が年末休暇のために前倒しになり、一番忙しい時期であり仕事漬け、帰宅が10時11時になることが多かった。

ある年のこと、プライベートで面白くないことがあり、しかも連日の大残業で疲れきって電車に乗り込むと、前の座席にはこれからガールフレンドの元へ出かけるであろうおしゃれをした青年が真っ赤なバラとワインの包みを持って座っていた。浮き浮きしたオーラがこちらにまで伝わっていた。それに比べてこの私は・・・イブを一緒に過ごしてくれる人もなく、こうして疲れ果てて家路に着こうとしている。髪はくしゃくしゃ、冴えない服を着て、機能優先のペタンコ靴・・・気づくと涙が止まらず、声を出さずにただただ泣いていた。  あれはこれまでの人生で一番情けないクリスマスイブだったなぁ。

年を重ねたせいで、今ではこちらがあまり幸せでない状況でも他人の幸せを祝福できるようになったし、身の回りのほんの小さなことでも幸せを感じることも出来る。お酒が美味しい幸せ、友人がいる幸せ、わが零細企業がなんとか存続している幸せetc.etc.   あー幸せ!!

でもなぁ、赤いバラにワインなんてベタなプレゼントを持ってカレが現れたら、引くよなぁ・・・今の私なら、そんなおバカなオトコが目の前にいたら笑い飛ばしてやるのに、あの頃は笑い飛ばす余裕がなかったようだ。そう、心に余裕が持てる幸せ!これも大切。

|

« 母帰る?! | トップページ | 馬食鯨飲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの思い出:

« 母帰る?! | トップページ | 馬食鯨飲 »