« Nintendo | トップページ | さらば松下 »

2008年1月 8日 (火)

年下の友達

朝、名古屋駅で電車を降りようとすると、誰かがコートを引っ張った。引っ張られた方を見ると、Yちゃんがいた。ちょっとはにかみながらニコッと微笑む懐かしい笑顔だ。「まあ、久しぶり、元気?いま何してるの?」と歩きながら矢継ぎ早に質問してしまった(ごめんね)

Yちゃんとは親子くらい年が離れているが、気が合って仲良くしてもらっていた。真面目で何事も全力投球する性質で、本陣のイベントではどれだけ助けられたことか。けれども真面目・全力投球が理解されない残念な事件があり、本陣からは離れることになっていた。その後、どうしているのかな?と気になっていたのだが、日々の雑事に取り紛れて音信不通になっていた。   今は名古屋駅近くで自分のやりたかった分野の仕事に就いて頑張っていると語る瞳はキラキラしていた。都会?勤務で心なしか垢抜けて、綺麗になったようにも見えた。「またおいしいものでも食べに行こうね。」と約束してわかれた。

その後、名古屋→豊田と打ち合わせ。幸先良いスタートを切ったせいか、どちらも良い話をいただき、早めに業務終了。  素早く新幹線で京都へ。大阪のこれも年下の友人に誘われてコンサートに行く。この友人は若いのに大変気の利く子で、年上のはずの私が彼女の傍に行くと、すっかり安心して頼ってしまうという間柄だ。コンサートの前に軽く食事をして、さあ行きましょうとなった時、私がうっかりトイレに立った隙にさっさとお勘定を済ませてくれていて、そのままご馳走になってしまった。(あとで考えれば、これって古典的なゴチの「手」よね。お恥ずかしい)

コンサートは、ウィーンオペラ舞踏会管弦楽団の演奏に加えて、ソプラノの独唱、バレエが加わるという豪華なもの。夢見心地の時を過ごさせていただいた。

帰り、最終近い京都駅のホーム。人がいないのをよい事に、一人でワルツのステップで踊っていた。物陰にいた若い駅員が、ぎょっとした表情でこちらを見ていた(笑)

ワガママで短気、欠点だらけの私につきあってくれる若い友人たちに感謝感謝!!これからもよろしくね (*^_^*)

|

« Nintendo | トップページ | さらば松下 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年下の友達:

« Nintendo | トップページ | さらば松下 »