« 国府宮大鏡餅 | トップページ | 消せるボールペン »

2008年2月23日 (土)

こいこい

ハードな一週間の終わりに、昨日は仕事仲間の女性5人で食事をする会「白ゆり会」があった。会の名前をつけようということになり、お酒の勢いで「清楚で気高くまっすぐ、まるで私たちのよう」と、白ユリとなった。・・・のだが、通称は「オニユリ会」(爆)

今回の会場は、会員のひとりが数年前お世話をした?青年が経営する居酒屋「こいこい」居心地の良い店だ。まずは乾杯、そして食べる食べる。ひと息ついたちょうど良い頃合いに主人のI青年が挨拶に来てくれた。若いに似あわずよく気のつく気持ちの良い青年だ。

I青年は、金魚すくいが大好きで、大学時代は「金魚すくい同好会」を作り、大学祭で金魚すくい大会などを行なったそうだ。TVチャンピョンの金魚すくい選手権では、2連覇を続けている強者だとか。    ゆくゆくは自分で中古車販売の事業をしたい夢があったので、卒業後は中古車販売の会社へ就職。だが、配属先はその会社が経営していた回転すし店。仕方なくそこで働き始めたが、やがて転職。今度はHという、割引クーポン満載のグルメ雑誌の営業に。日々広告掲載の注文をもらうために飲食店を廻るうちに、それぞれの良いところ、悪いところが見えてきて、「自分ならこうするな」と考え始め、そうこうする内に「では自分で店を出してしまおう」となった。そして堀川端に「きんぎょ」を開店。一生懸命働いて、「きんぎょ名古屋駅前店」を、次に金魚が少し大きくなって?三店目「こいこい」を。4月には趣向を凝らした四店目が出来る。従業員満足にも心を砕き、いろいろな仕組みづくりを行なっているが、これについては別の機会に。  まだまだ27歳伸び盛り。

店で働く若者たちも実に気持ちの良い子ばかりで、I青年の教育が行き届いているのが良く判る。マニュアル通りの応対は一切無く、それぞれが自分の持ち味でお客のために動いている。今どき珍しい店だ。

帰り際、オバサンたちがけたたましく口々に感謝と賞賛の辞を述べる中、I青年は素晴らしい笑顔で深々と頭を下げた。頑張れ I君!!!

こいこい  http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000694546.html

きんぎょ  http://r.gnavi.co.jp/n568300/

|

« 国府宮大鏡餅 | トップページ | 消せるボールペン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こいこい:

« 国府宮大鏡餅 | トップページ | 消せるボールペン »