« 春の苦味 | トップページ | 4月1日 »

2008年3月31日 (月)

働く意欲

調べ物があってハローワークへ行った。調べ物が遅々として進まず、嫌気が差してきたとき、近くの相談カウンターの会話が聞こえてきた。

相談員のオジサマ「そんな、夜だけ働きたいって言ってもねぇ。」  相手の声は小さくて聞き取りづらい。 「昼夜が逆になってるったって、そりゃあなたの個人的な問題でしょ?」  またボソボソ  「困るねぇ・・・朝起きれないの?夜だけの仕事なんてありゃしないよ。わがままだよ。」

どうやら引きこもっていて昼夜逆転している青年が、それでも働く気になってハローワークに来て、相談員のおっさんに「仕事無いですかね?」と相談しているようだ。控えめに首を曲げて様子をうかがうと、青年は後姿で顔は見えないがスーツを着てカウンターの前に行儀良く座っている。真剣に働こうという気持ちで来ているようだ。

おっさんの口調はだんだん説教じみてきた。「いいですか、仕事は普通、朝から起きてでかけるものなの。おたくの生活態度から改善しなくちゃ話しにならないですよ。」    世の中、9時ー5時の仕事ばかりじゃないじゃん、うそつき。3交代の工場での深夜勤だけを担当することだって出来るし、警備会社の仕事は夜の警備の求人があるぞ。昼夜逆転しながらも働く気持ちになった青年の決心を評価してやってよ。求人数は少ないだろうけど、正社員はあまりないだろうけど、求人はあるはず。探してやってよ、お願い!

思わず、キッと振りかえって相談員のおっさんと故意に視線を合わせてみた。おっさんは私の鋭い視線に気づいたようだ。  「しかたないねぇ。パートでもいいのかな?最初は少しずつ働いてみようね。」(よしよし、言葉も柔らかくなってきたぞ、始めっからそうすればいいのよ!) 頑張れ!逆転君!

|

« 春の苦味 | トップページ | 4月1日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働く意欲:

« 春の苦味 | トップページ | 4月1日 »