« お彼岸 | トップページ | 総会 »

2008年3月21日 (金)

宇宙飛行士になるには

連日、国際宇宙ステーションでの土井さんの活躍が伝えられている。ブーメランは宇宙でも戻るんだ。宇宙ステーションまでの距離は東京~大阪間より短いんだ。なるほどなるほどと、小学生レベルで感心している。

以前に毛利衛さんの講演を聞いたことがある。国際宇宙ステーションに関する難しい内容だったが、記憶に残っているのは、講演後の質疑応答でのこと。小学生が「将来、宇宙飛行士になりたいんですが、今からどのような勉強をしておいたらいいですか?」と質問した。毛利さんの答は「専門的な勉強は沢山ありますが、もう少し大きくなってからで良いと思います。今から心掛けておいてほしいのは、誰とでも仲良くすること、みんなで協力出来ることです。」だった。
一旦宇宙へ出たら、限られた仲間とずっと過ごさなくてはならない。逃げ場はない。そんな中でチームワーク良く任務を遂行しなくてはならない。いがみ合ってなどいられない。今から誰とでも良好な人間関係を築けるトレーニングを積んでおきましょうね。そんな意味のことをさわやかに優しく説かれていた。なるほど!学力つける前に人間力つけろね。さすが!!と感心したものだ。

他の機会に、宇宙飛行士に必要な身体要件というものを読んだことがある。体力、運動能力は言うまでもないことだが、虫歯が完治していること、(表現方法が間違っているかも知れないが)記憶が無くなったことがないこと、という項目があった。

どうでもいいことだが、私は虫歯の治療中、脳震盪を起こして1日分の記憶を失っている。そういえば、大酒飲んで前夜の記憶をなくした経験は一度や二度ではない。それにこの年になっても人の好き嫌いは激しく、摩擦は絶えない。・・・仕事選びに自己分析は必要だ(笑)

|

« お彼岸 | トップページ | 総会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙飛行士になるには:

« お彼岸 | トップページ | 総会 »