« 朝礼は時間外労働か? | トップページ | うれしいラブレター »

2008年3月14日 (金)

叔母さんに化ける

数日前、4月からサービス業で働き出す4年生のA子ちゃんが相談に来た。内定者懇談会の席上ほんのちょっとしたボタンの掛け違いで、お局様の不興を買ってしまったそうな。その後、事前研修に出掛け、他の先輩とは良い関係が作れたようだがお局様にはまだ目をつけられている。また勉強に行かねばならぬが、気が重く夜も眠れない…
「今更辞退もできないし、優しい先輩もいるんだけどぉ。困っちゃった。」と悩みを語った。

今度はいつ頃行くの?と聞くと14日と言う。なんと私がその施設が入っているビルの別のフロアへ行く日ではないか! これはもう偶然ではなく必然、おーし私が同行して先輩諸姉に仁義を切る、おっと違ったご挨拶をさせていただこうと言うことになった。

キャリアコンサルタントがご挨拶では少々剣呑なので、叔母として近くに用事があり、ついでに可愛い姪が働く職場を見学するというシナリオを作った。
聞けばお局様と言っても30少々、こちらとしては赤子の手をひねるようなもの。とはいうもののA子が働き易くするのが目的。綿密な計画を練って出かけた。

保護者然とした叔母さんがしゃしゃり出てこられては、お局様は「まぁ、この子ったら一人で来ることも出来ないのね。社会人として失格よっ!」と、ますますイジメにかかるのではなかろうか?  そこで、ダークスーツにインナー派手目のいわゆるニューヨークスタイルの「仕事のできる女」風に仕上げ、「あんたの大先輩がよろしくとお願いするのだから、判ってるわね。」のメッセージを伝えることにした。しかも態度はあくまでも低姿勢、にこやかにだ。 ヤクザの親分は威張らずカタギの人より腰が低い、それがかえって怖いというあれを狙った。

さて当日、A子を伴い出かけた。沢山出てくる先輩達ひとりひとりに丁寧にご挨拶をした。「4月からよろしくお願いします。こちらでお世話になることをとても楽しみにしていますので、どうか鍛えてやってください。(そう言ったら、厳しくできないのは織り込み済み、ふふふ)」 くだんのお局様にもお目にかかり、45度の最敬礼でよろしくお願いしますとやってみて(こちとら昔はビジネスマナーの講師だ、どんなもんだい)ひたすら友好関係構築に励んだ。

そんなこんなで、先輩諸姉のご機嫌をとり、見学をさせていただいた。もちろんお土産は持参。それもベタなお菓子ではOLがバカにするのは長い経験で判っている。 オッジのマンダリンケーキを選んだ。もちろん彼女たちに手間をかけさせぬよう、個別包装のものだ。 A子ちゃんのおかげで面白い体験が出来た。愉快愉快。

オッジ http://www.cucina-oggi.com/item/og.html

|

« 朝礼は時間外労働か? | トップページ | うれしいラブレター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 叔母さんに化ける:

« 朝礼は時間外労働か? | トップページ | うれしいラブレター »