« エッセイ | トップページ | 内定辞退 »

2008年5月28日 (水)

小さな異変

最近小さな異変に気付いた。この時期になっても朝の電車バスが混むのだ。

毎年4月になると新入社員や高校大学の新入生でひどく混み合って苦労する。けれどもゴールデンウイークを過ぎる頃になると不思議と人が減り、混みはするが人間らしく?立っていられるようになる。ピカピカの一年生はどうしちゃったのかな?と毎年思ったものだ。  しかし今年は違う。いつまで経っても混雑が収まらない。毎朝難行苦行が続いている。まさか突然若者たちが勤勉になったと思えないし、これは異変だ。

このことを仕事仲間に話すと、面白い分析をしてくれた。(彼女は各地の大学へセミナー講師として出掛けている)今年の新入生は講座の出席率がすこぶる良い。良いからと言っても決して熱心ではない。メールをする者、途中でフイッと出て行きまた戻る者など相変わらずの学級崩壊状態だそうだが。この傾向は昨年くらいからあるらしい。彼女いわく「彼等はみんなと同じでいることを好むみたい。群れから離れて人と違うことをしたがらないんじゃないのかな。」

今の1、2年と言えばバリバリのゆとりっ子だ。ゆったり育てられ、己の頭で考え主張することをやって来なかったのかも知れない。昔の話・・・面白くない授業には出ない、出席を取らない先生の授業は時々出て単位だけちゃっかりいただく。もちろん決して良いことではないが、学生時代ならではのトガッタ行為ではなかったか(先生ごめんなさい私もザンゲ)満員の教室けれども不熱心な学生たち、なんと空虚な光景であることか!
自己を持たぬ子羊の群れは何処へ向かって行くのだろうか?静かに不気味な兆候だ。

|

« エッセイ | トップページ | 内定辞退 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな異変:

« エッセイ | トップページ | 内定辞退 »