« ひみつプロジェクト | トップページ | 炎天下のしごと »

2008年7月26日 (土)

暑苦しいメール

まいにち暑い、ほんとうに暑い。どうにもならぬくらい暑い。そんな時に、面倒くさいメールが入ってきた。

メールの主は、教養ある立派な方なのだが、どうも文章がいけない。その人物からメールをいただいて、気分が良くなったためしがない。きょうのは、とりわけひどかった。どうひどいのかというと、とにかく自分の都合だけを並べ立ててある。そして自分の言うとおりしないと、とんでもないことが起こりますよというような、軽い威しのメッセージまでもが込められているのだ。(事柄自体はそんなに大層なことではないのだ。)文法的には正しく整っているのだが、思いやりのない温かみのかけらもない文面だ。いくら暑くても人間らしい温かみは失ってはならないぞ このメールを仕事前の気合を入れる時期に読んでしまったので、一日調子が狂ってしまった。

私にとりわけ悪意を抱いていらっしゃるわけではないから、他の人たちにもこの感じでメールしているのだろう。他の人たちの意見も聞いてみたくなるほど。これで商売繁盛らしいから世の中は不思議だ。

けれどもいくら商売繁盛だろうと、私はこんな暑苦しいメール攻撃をかける御仁とは懇意にしたくない。これから少しずつ離れて行くことにする。

|

« ひみつプロジェクト | トップページ | 炎天下のしごと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑苦しいメール:

« ひみつプロジェクト | トップページ | 炎天下のしごと »