« お金がないっ! | トップページ | 言葉のちからⅡ »

2008年7月 8日 (火)

森の香り

7月は、先月までとは別の大学でお世話になっている。この大学は丘の上にあり、森の中に校舎が建つ、心地よい環境だ。

午前中のひどい雨が上がった昼休み、木々がきらめきとてもきれいだった。少し歩いてみたくなり学内を散歩した。確か創立50年近くなっているので、並木もずいぶん高く大きくなっていて、木陰が気持ちよい。森の香り、土の香りが気持ちを和ませてくれる。あ~なんという幸せ!  遠くに食堂へ向かう学生達の姿が見え、絵に描いたような学園の風景だ。

あ・・・だんだん学生達が近づいてきたぞ。「マジ、マジ」「ヤベ」「だっせぇ」発せられるのは今の若者言葉。ひどい蒸し暑さに、着るものは男も女も短パンにビーチサンダルが圧倒的に多い。傘を振り回しながら、ビーチサンダルを引きずるようにして歩いて行く。だれ一人「木々が綺麗ね。」などとは話していない。    

夢の学園風景は、一気に現実へと引き戻された。

|

« お金がないっ! | トップページ | 言葉のちからⅡ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森の香り:

« お金がないっ! | トップページ | 言葉のちからⅡ »