« 夏野菜てんこ盛りの晩餐 | トップページ | ゲリラ豪雨 »

2008年8月 5日 (火)

乙女の所作にびっくり

暑い、言うまいと思うが気づくと言っている「あー暑い」37℃は異常だ

そんな中、わが社に向かおうとJRに乗った。二人ずつ向かい合わせのボックス席に座ることが出来た。同じ駅で乗り込んだ女子高校生と思しき女性も、私の前に座った。

今風のお洋服だが、首にタオルを掛けている。急いで走ってきたか、長い距離を歩いてきたのだろうか?首のタオルで激しく汗を拭いている。(そうだよね~暑いよね~)次にカバンから団扇を取り出し、顔をあおぎ始めた。(冷房が効いているから涼しいでしょ?ゆっくり涼んでね)

ここまでは良かったのだ。・・・・・・が!!次に彼女は、団扇で膝から短いスカートの中へ風を送り始めたのだ!!!(おいおい何をするのだ)それがちょっとではない。バタバタと煽ぎ続けるのだ。

まぁエレガントさを欠く行為だこと!なんだかかぐわしい香りが立って来そうで、見ているこちらが恥ずかしくなる。(実際は臭ってません。念のため?)家の中と公共の場との境が無くなったと言われて久しいが、家の中でも、うら若き乙女ならばこれは慎むだろう。行儀の悪さでは人後に落ちぬ私でも、さすがに出来ない。あんたはステテコおやじか?!

こうしたことは恥ずかしい所作ですよと、躾ける人も少なくなっているだろうな。恥ずかしいという微妙な感覚が薄れつつあるように思う。

|

« 夏野菜てんこ盛りの晩餐 | トップページ | ゲリラ豪雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乙女の所作にびっくり:

« 夏野菜てんこ盛りの晩餐 | トップページ | ゲリラ豪雨 »