« 贅肉痛 | トップページ | 祝合格 »

2008年9月 1日 (月)

わが社の水害のカラクリ

事務所の雨水は、土曜日のうちにかき出しておいたが、机や椅子は動かしたまま、床も汚れたままだったので、きょうも復旧作業に汗を流した。掃除や整理整頓は苦手分野で、嫌々やるものだから、遅々として進まない。「あー疲れた、休憩休憩。」と、椅子にどっかり座っていると、大家さんが様子を見に来てくださった。大家さんも同じ建物の隣に事務所を構えていらっしゃり、お互いの被害状況についてひとしきり話しあった。

建物は道路より40センチほど高く建っているから、かなりの降水だったんでしょうねと私。ご自宅も近くにある大家さん「この地域は床下浸水で済んだが、ここ(事務所)は交通量の多い道路に面しとるから、車が通るたびに波が立ってそれがザバーンと事務所に入って来たんだわね。」なるほど、それで泥は入らず雨水と枯葉だけが入って来たんだ!「そうか謎が解けました!!」と明るく言うと、大家さんは「謎は解けても、事務所は元どおりにならんから、えらい(しんどい)わなぁ。」とぼやいておられた。近所の酒屋さんや文房具屋さんも商品が水に浸かり、大変なことになっているそうだ。

金曜の朝、私に連絡を入れようとも思ったが「まあ、今電話しても浸かってまった事務所が元に戻るわけでもないから、知らせなんだ。少しでも時間が経って水の量も引いてから見たほうが良かったよ。」とおっしゃった。そうか、もっと沢山の水が入り込んでいたんだ!!改めて豪雨の恐ろしさを知った。

「そうだわ、水が減ったほうが作業も楽だったわ。」と言って笑った。辛い大変と愚痴っても事態は好転しない。もう笑うしかない。

|

« 贅肉痛 | トップページ | 祝合格 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わが社の水害のカラクリ:

« 贅肉痛 | トップページ | 祝合格 »