« 劇場内での携帯電話 | トップページ | 銀杏ごはん »

2008年10月27日 (月)

良い人相をしていらっしゃるⅡ

わがブログを小冊子にしたもの「鷹のつめ」を友人に配り歩いている。「面白かった」「思わず笑ってしまった」「あなたらしさが出ていて良い本ね」と皆さま温かい感想を寄せてくださり、いただいた言葉に励まされるありがたい日々を送っている。

そのなかで『よい人相をしていらっしゃる』の占い青年に「私も遭遇した」という方が二人もいらっしゃったことに驚いている。お二人とも「きっと私もうれしそうな顔して歩いていたんだわ。」とおっしゃる。どちらも私の大好きな方で素敵な笑顔の持ち主だ。「わたしたち、年中背中に葱を背負って歩いているのかしらね。でもあなたの言う通り不機嫌な顔して歩いていても人生楽しくないわよね。」とおっしゃったが、待てよ…占い師の青年がもし本当の占い師で、私たちの福々しい(うふふ)顔を観て思わず声をかけたのなら・・・と往生際悪くまた考えてしまうのだ。

もう一度あの青年が声をかけて来たら聞いてみよう。 明日も機嫌よく働くぞ。

|

« 劇場内での携帯電話 | トップページ | 銀杏ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良い人相をしていらっしゃるⅡ:

« 劇場内での携帯電話 | トップページ | 銀杏ごはん »