« 全国エコタウン大会・ゼロエミッションフォーラム2008 その2 | トップページ | COMBi本陣文化祭 »

2008年11月17日 (月)

全国エコタウン大会・ゼロエミッションフォーラム2008 その3

持続可能な社会の実現について、産業界、行政の動きと取り組みについてお話をうかがった。社会の動きのなかで私たち市民は何をなすべきであろうか?

江戸時代はゼロエミッション社会であっただろうが、現代の「便利」を手に入れてしまった私たちはもう江戸時代の暮らしに戻ることは出来ないと思う。現代の暮らしのレベルを維持しつつ資源を無駄遣いせず、自然を汚さず、豊かで健康な持続型社会づくりに参画しなくてはならない。

そのためにはまず知ることだ、今回のフォーラムに参加して、大変沢山の情報と気づきを得ることができた。「難しいことはわからないから」と敬遠してはならぬ。専門的な知識はなくても、一生懸命聞けばある程度は理解できるものだ。この私の程度でも理解できるのだから、もっと多くを理解できる人は沢山いるはずだ。まず今起きていることを認識することだ。そして知ったからには行動を起こすことが必要だと思う。

個人レベルで浸透しているのは、マイはしを持参すること、エコバッグを持つこと。しかしこれで「環境派」と胸をはっていて自己満足していて良いわけではない。例えばマイはしを使いながら、冬なのに半袖で過ごせそうな空調の中、マングローブ樹林を壊して養殖したエビを食べる・・・こんな頭隠して尻隠さずのような愚かなマネをしていないか?トータルに物事をとらえる視点が必要た。私たちは真に賢い消費者になるべきである。

知識を得た市民が、個人から地域で国でと、繋がって出来ることに参加するようになってゆけば、大きなうねりになると確信する。

暮らしを変えるということは、生き方を見直すことにもなるのではないだろうか。このフォーラムをきっかけにして、私も地球のいち構成員としてふさわしい生き方を考えてゆきたいと思うようになった。

動かなければ動かない。まずは一歩を踏み出すことだ。

|

« 全国エコタウン大会・ゼロエミッションフォーラム2008 その2 | トップページ | COMBi本陣文化祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国エコタウン大会・ゼロエミッションフォーラム2008 その3:

« 全国エコタウン大会・ゼロエミッションフォーラム2008 その2 | トップページ | COMBi本陣文化祭 »