« 第一印象 | トップページ | 土曜日のバレンタインデー »

2009年2月14日 (土)

マイバッグのユウウツ

1週間の食材買出しのため、近所のスーパーへ買い物に出かけた。ここのスーパーは、最近の時流に乗っかり、ISO14001を取得、環境派を名乗り、もちろんマイバッグをご持参くださいという店だ。

マイバッグ・・・そりゃ環境に優しいでしょうけれど、まとめ買いをする者には、あれでは小さすぎる。マイバッグを何袋も持参して、勘定済みのレジかごから、チマチマ詰め替えなければならない。先日、ふと「それなら、マイレジかごをもって行き、お勘定が済んだ品物をマイレジかごに入れてもらえば世話なしじゃない」とヒラメいた。ヒラメいたら即行動とばかりに、ハンズでスーパーには無いような可愛い色のレジかごもどきを2個購入した。

きょうは、そのマイレジかごを初使用する日でもあった。必要なものを買い揃え、いよいよレジへ。颯爽とマイレジかごを出し、「ここへ入れてね」というと、レジ係が「少々お待ちください」といって他の人を呼ぼうとするが人が来ない。「どうしたの?(早くしてよ)」と聞けば、勘定済みの商品をマイバッグへ入れるサービス(おい、それはサービスか?!)を取りやめにしたから、私の一存ではこのかごへは商品を入れられないと言う。

レジの人にこれ以上文句を言っても始まらないから、店のかごへ入れてもらった品を、ブツブツ文句を言いながら可愛い色のかごに入れ換えた。

駐車場へ行く途中、ちょうど店長を見かけたので、とっ捕まえて文句を言った。しかし「マイバッグへの入れ方が悪いとおっしゃるお客様が多いんですよね~ですから、どのお客様にご自分で入れていただくことになりました。かごでも同様です。」とアホな返答をする。腹立ちまぎれに「もういい、あんたのところへは買い物に来ないから。」と言えば「ありがとうございます」と人を食った返事をしおった。

前にも書いたが、環境環境といえば、顧客サービスをおざなりにしても良いのか?うまく入れられなかったら、クレームが出たら、まずは店員さんが工夫したらどうなのだ。店がこれまで負担していたレジ袋代をこちらがお金を出した袋で代行しているのだ。それだけでも感謝すべきことだということをこの店は忘れている。少数の口やかましい客から、文句を言われることがうっとおしいからと言って、大半の客へのサービスを低下させている。おかしな事になっていると思う。

もうひとつ、勢いで言わせてもらえば、店員の健康を守るためとの理由で、店員全員がマスクをするのはそれはそれで承知してあげる。前にもここで書いたが、マスクをしたら目しか見えないのだぞ、よほど愛想良く大きな声で接客しないと無愛想に感じるんだぞ。どよーんとした眼差しで、ぼそぼそ「ありがとうございます」と言ったって客の気分は最低だ。  お客様第一が聞いて呆れる。

本日は八つ当たりばかりで失礼!

|

« 第一印象 | トップページ | 土曜日のバレンタインデー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイバッグのユウウツ:

« 第一印象 | トップページ | 土曜日のバレンタインデー »