« お酒の功罪 | トップページ | スーパーの閉店 »

2009年4月27日 (月)

上映会

土曜日に若い映画監督である今村彩子さんの映画上映会のお手伝いをした。彩子さんは小柄でとてもかわいらしい女性、ろう者でもある。

子どもの頃、テレビを見て家族たちは笑っているが、彼女には面白さがわからず、取り残されたようで寂しかったそうだ。ある日、お父様が洋画のビデオを借りてこられ、見てみると字幕が付いていて話の筋が解りとても面白かった。それからというもの、次から次へと映画を見てそのとりこになっていった。

やがて見る側から感動を伝える側になりたくて大学卒業後、アメリカの大学へ留学し映像製作を学び、ドキュメンタリー映画の製作を始めた。

ろう者の様々な日常を撮り、ろう者と聴者相互の理解を深める活動をされている。

彩子さんの作品をもっと沢山の人たちに知ってもらうため、上映会を企画しましょう。とプロジェクトを立ち上げたのは半年以上前。何回も打ち合わせを重ねて、やっと当日を迎えた。会場は満席、大雨の中、集まってくださった人たちを見て胸が熱くなった。

作品を見てくださった方々が、まわりの人たちに感想を話してくださり、そして話を聞いた方も作品を見に来ていただいて・・・そんなふうに輪が広がり、ろう者と聴者が手をつなぐ世の中になって欲しいと思う。

|

« お酒の功罪 | トップページ | スーパーの閉店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上映会:

« お酒の功罪 | トップページ | スーパーの閉店 »