« バイオリンリサイタル | トップページ | 奇遇奇遇! »

2009年4月22日 (水)

世渡り上手

きょうは少々毒のある内容です。そういった内容が、お嫌な方は読まないでくださいね。

次の仕事への時間調整のため書店に入り、新刊書コーナーを何気なく覘いていると、そこに知った名前を発見した。私が大変軽蔑している人物が、またもや本を出したようで、平積みになっている。相変わらず時流に乗ったタイトル(うまい!)、帯のコピーも気が利いている。これなら対象と想定している人々は買うわなぁ。(内容を読めば半数は幻滅すると思うが)

彼は時代を読むことに長けている。(ご本人は、今、皆さんが一番お困りのことに目を向ける。とおっしゃっているが)そして耳ざわりの良い言葉を並べる。それを人々はありがたがって読むというわけ。こんな人物に本を書かせる出版社も悪い。出版社にとっては良い本よりは売れる本なのだろうなぁ。こうして世渡り上手たちが良い思いをしてゆく。

《念のため》

私の友人・知人には本を出版されている方々が多い。この1~2ヶ月の間にわたくし伊藤が連絡を取っている皆様は、きょうの話題の人物ではございません。

|

« バイオリンリサイタル | トップページ | 奇遇奇遇! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世渡り上手:

« バイオリンリサイタル | トップページ | 奇遇奇遇! »