« 誰かに似た人 | トップページ | 年齢を言って驚かれるようになりたい »

2009年5月 7日 (木)

自分から 回っている気の かざぐるま

母方の“お寺さん”から毎月、法話の書かれた葉書が老母に届く。それを私も読ませていただいている。今月のお話は、「偉そうにしている私」に効いた。少々宗教的だが(当たり前かも)、興味のあるかたはお読みいただきたい。

      ***** 以下転記 *****

自分から 回っている気の かざぐるま

これは秀句。仏教の真理、縁起思想に根ざしています。「縁起」とは、自分一人が単独で存在しているのではない、いろんな因と縁によって今の私が在る。先ずは、父母からいのちをいただいた。そのいのちは数多の生き物のいのちをいただいて、きょうのいのちに成長し、そのいのちを維持されているのです。

自分は何でも知っていると思うかもしれないが、それはみな師・友から、本から、他の情報源から得た知識ばかり。いや、自分で考えたのだというかもしれないが、その考える力はどこから?父母・先祖からのDNAによるところが大きいはず。よく考えて見ると、何一つ自分だけの力でというものではないようです。

みな他からの「おかげさま」で生かされており、活動させられています。それを自分の力で動いていると思うのは、風の力を知らない風車のようなものです。お念仏に「他力」を味わいましょう。

       ***********

ご住職が尽力され、先ごろホームページが開設された。興味のある方はどうぞ

八王子山 了慶寺ホームページ

http://ryokeiji.net/03/06.html

|

« 誰かに似た人 | トップページ | 年齢を言って驚かれるようになりたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分から 回っている気の かざぐるま:

« 誰かに似た人 | トップページ | 年齢を言って驚かれるようになりたい »