« 上映会 | トップページ | 誰かに似た人 »

2009年5月 4日 (月)

スーパーの閉店

自宅徒歩圏内には2つのスーパーがある。そのうちのひとつが、突然今月末で閉店することになったと、老母が嘆いている。ご近所の中高年の間では、その話で持ちきりだそうだ。

週末に重いもの、日持ちのするものは私が買っておくが、毎日あれやこれや買い物に行くのが老母の日課になっていた。お魚はA店のほうが良い物を置いているけど、野菜はB店が安くて新鮮etc.etc.と日々聞いていた。その一方が無くなってしまうのである。「これからどうしよう・・・」と愚痴っている。

もともと、家の近辺には商店街があったのだが、近くに2つのスーパーが出来て、古くからのお店は1軒また1軒と消えていった。今度は、駅の近くに大型ショッピングセンターが出来てしまったのだ。新しいもの好きなお客は、雪崩を打って押し寄せ、その結果中小のスーパーがダメージを受けた。

大型ショッピングセンターは、広くてきれいだけれど、個性がなくて面白味がない。それに若いものは、車で出かけるから便利でよいけれど、運転のできないお年寄りには遠くて不便だ。

いまさら戻しようがないのだけれど、昔からの商店街、あの頃が懐かしい。

|

« 上映会 | トップページ | 誰かに似た人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパーの閉店:

« 上映会 | トップページ | 誰かに似た人 »