« 公務員志望 | トップページ | 就職支援フェスタ »

2009年6月19日 (金)

老母の押し花

いただき物の胡蝶蘭がそろそろ盛りを過ぎ始めた。さっさと花を摘んでしまって、来年に備えたら?と愛情の無いことを言う私に反抗して、老母が押し花を作った。

意外と良く出来上がり「ほーらごらんなさい、こんなに綺麗になったじゃないの。何にでも愛情を注がなくてはね。(あんたのようにガサツなおんなにゃわからないだろうけど)」と誇らしげに見せてくれた。

前につっけんどんな物言いをしたことは、これでも少々反省していたので、罪滅ぼしに色合いのよい和紙を台紙にして、額に仕上げてやった。

何号というのだろうか?A3サイズ程度に額の中で、胡蝶蘭はゆったりと舞っている。

この額を見るたびに「ほーらごらん、ものは大切にしなきゃね」と教訓を垂れるのだろうなぁ。しかたない、聞いてやるか。(家の中では、わたしの仕事はカウンセラーであることを時々忘れている)

|

« 公務員志望 | トップページ | 就職支援フェスタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老母の押し花:

« 公務員志望 | トップページ | 就職支援フェスタ »