« はじめての夏休み | トップページ | つるつるいっぱい »

2009年8月18日 (火)

ゲイノージンの女性が覚せい剤を使用していたとか。このところ、出勤が遅くてもよいのでつい8時からのワイドショーのサワリを見てしまう。(見なくてもいいのに、オバサンの悲しいサガ) けれども連日となると少々飽きてきた(ならば見なければ・・・)

この事件で、ひとつだけ気になることがある。事件の発端のとき、職務質問されている夫に向かって「この辱しめをどうしてくれるの」と言ったとか。これを聞いたとき「はずかしめ」まぁなんてクラシックな言い回しを使っちゃったのね、と感じた。

私の年齢でもまず使わない言葉だし、どちらかというと話し言葉というよりは書き言葉。彼女は若いし、今風なゲイノージン、まず使う言葉じゃないよね。何で使ったんだろうか?どうでもよいことにこだわっている。そのうち、週刊誌あたりで解析してくれないかなぁ、と思っている。

         *****

こうしたことを書くと、「辱め」という言葉に反応して、必ずエッチなコメントやトラックバックがわんさと来る。きょうはいくつ来るかな?

|

« はじめての夏休み | トップページ | つるつるいっぱい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« はじめての夏休み | トップページ | つるつるいっぱい »