« 魚めし | トップページ | 手織り展 »

2009年10月 9日 (金)

共に育つ

ひょんなことから、若い人たちのプロジェクトチームの相談役のようなことをやっている。

現在、超大企業との交渉事が難航している。「ど~しましょうか?○○はダメだそうですぅ」などなど日に何度も電話が入る。彼らの熱い想いの実現のために、無い知恵を絞りに絞ってアドバイスに努めている。

彼らの熱い想いはピカイチなのだが、どうも動きがよろしくない。もっと早く手を打てば、もっとちゃんと話をしておけば・・・歯軋りをしながら後方支援の日々だ。「なんなら私が話つけに行ったろか?」と出そうになるのをぐっとこらえてする遠隔操作は私の性には合わない。けれどもあくまでも主役は彼ら。今回は黒子に徹しなくてはならぬ。

あーなんでこんなことに足突っ込んじゃったんだろ、多少後悔もしたが、最近はもしかしたらこれは、「大いなるもの」が私に与えた課題ではないのか?と思うようになった。勢いだけの斬りこみ隊長ばかりじゃなくて、そろそろ違う役もこなせるようになったらどう?そう言われているような気がしてならない。

若いもんを育てる気でいたが、もしかすると私が彼らに育てられているのかも知れない。

|

« 魚めし | トップページ | 手織り展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共に育つ:

« 魚めし | トップページ | 手織り展 »