« 雪疲れ | トップページ | 目が笑わぬひと »

2010年1月17日 (日)

梅沢登美男さん

御園座の梅沢富美男公演を見る機会をいただいた。実は昨年に引き続き二回目なのだ。日ごろの私の趣味とはかなりかけ離れている舞台だが、一度見るとやみつきになる面白さ、とにかく楽しいエンターテイメントなのだ。

今回は老母も連れてゆき、たっぷり笑い驚き、幕間にはおいしいものを食べ、極楽の一日となった。

デフレの昨今、梅沢さんのチケットは決して安いものではない。けれどもお金を上回る楽しさの価値があると思う。お客に気持ちよくお金を払わせるだけの「技」があると思う。

顧客に気持ちよくお金を払わせる・・・大くくりで同じサービス業に身を置く私はどうだろうか?

|

« 雪疲れ | トップページ | 目が笑わぬひと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅沢登美男さん:

« 雪疲れ | トップページ | 目が笑わぬひと »