« 始動 | トップページ | 昼下がりの新年会 »

2010年1月 5日 (火)

Noと言わない脳

昨日に引き続き挨拶廻り。

取引先に向かう途中に携帯が震えた。相手は同友会の地区副会長、テンボ良く挨拶を済ませ、さて本題。昨年よりもう一段忙しい役を引き受けて欲しいと言うもの。正月太りの首が、じんわり絞まるのを感じながらも私の答えは「Yes」

昨年、同友会のお役を引き受けるとき、ブログでも「もうこれ以上は無理」と弱音を吐いたくせに、なぜYesと言ってしまったのか?引き受た役をこなしつつ、理論に弱い頭で考えたことがある。白羽の矢を立ててくださる方々は、なぜ私なんかに目をつけられるのか?お調子者だから?うん、それは充分ある。外見に似合わずフットワークが軽い?そうだわねこれもあり。でもこれだけだろうか?ほんのわずかではあるけれど、任せて安心だとか、この役をこなすことで成長させてやろうとのお考えもあるのではないかなと考えるに至った。

そう考えれば迷惑などと言っていられない、ありがたいチャンスが望みもしないのに向こうからやって来てくれるのだ。それをみすみす逃す手はない、来るもの拒まずYesと言おうと。

確かに色々な役をこなすのは、時間もエネルギーも使うことになる。良識ある方の中には「あっちこちふらふらせずに本業に徹したらどうか」と説教いやアドバスくださることもあるが、忙しくとも本業が手抜きになることは無く、むしろ気分転換がはかれて楽しいくらいだ。

もっともっと言うなら、サラリーマンを辞めて起業した理由に至るのだと思う。やりたいことをやって、自分がどこまで出来るか試したくて、高給優遇の座を捨て飛び出して来たのだ。だったら何でもやってみなくては。出来るかしらなどと弱気を出してどうする?いただいたチャンスに果敢にチャレンジしてこそわが人生だ。

今年も攻めます

|

« 始動 | トップページ | 昼下がりの新年会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Noと言わない脳:

« 始動 | トップページ | 昼下がりの新年会 »