« 履歴書の穴埋め | トップページ | ミニ同窓会 »

2010年4月18日 (日)

老母のコスプレ

少し前に犬山へ野暮用で出かけたとき、気晴らしにリトルワールドへ行ってみた事があった。散歩をしながら目に止まった『民族衣装試着体験』。「やってみる?」と老母に訊くと、はじめは、しり込みしていたものの「知り合いがいるわけでは無し、旅の恥はかき捨てだわ」とアルザスの民族衣装に手を通したのが始まりで・・・

「もう一度姉さんも誘って行きたいなぁ、行きたいなぁ~」と老母がうるさくせがむので、昨日、伯母を誘ってまたもやリトルワールドへ。「あのね、歳をとると目が小さくなっちゃうのよ。お化粧でなんとかしてね。ちょっと華やかにしないと衣装に負けるのよぉ」との老母のリクエストで、伯母宅で二人にちょっと派手めのメイクを施していざ出発!

ドイツ→フランス→イタリアとコスプレをしまくった。私は・・・カメラマン兼お世話係。

お年寄りにお化粧をすると、気分が華やいで元気になるとは聞いていたが、これは本当のことだと実感した。彼女たちのはしゃぎっぷり、綺麗な衣装を身にまとうと背筋もピンと伸びるし、何しろファインダーから見る伯母老母の表情の生き生きとして若やいだことと言ったら。

そんな姿を見て年寄りをいつもほったらかしにしてる放蕩ムスメとしては、心の奥がチクリと痛み、親孝行をしなくてはなどと殊勝な気持ちも湧いては来たが・・・もう一つの想いも湧いて出てくる。お調子者の私、あなたのDNAをきっちり引き継いでいるのね、ということ。

あなたのムスメでありがとうと言えば美しいのだろうけれど、あなたのムスメで退屈せずに生きています。ありがとね

|

« 履歴書の穴埋め | トップページ | ミニ同窓会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老母のコスプレ:

« 履歴書の穴埋め | トップページ | ミニ同窓会 »