« ツイッター | トップページ | どんぶり物礼賛 »

2010年6月27日 (日)

正しいカツ丼

金曜日、来月のセミナーをお引き受した学校で打ち合わせ。

「お昼はカツ丼」と言われ低い鼻をうごめかせてうかがった。先日の打ち合わせのときも昼どきを狙っておじゃまし、食事に行った店の隣の店のおやじさんに偶然出会った。白い前掛けをきちっと締め岡持ち片手に自転車で出前に出かけられるところだった。

この岡持ちが良い!ステンレスではなく、昔ながらの木製で使い込まれていて角がいい感じに丸くなっていてしかも清潔。真面目な商売をしておられるのだと一目でわかった。「隣はカツ丼がうまいよ~」と後から聞き、「次はぜひカツ丼を」とずうずうしくお願いしたのだ。

そしてカツ丼。
旨いっ!ひと口頬張ればニコッとするおいしさだ。もちろん化学調味料など使わぬうまいダシ、カツがまたいいねぇ。薄切りのロースがカリッと香ばしく揚がっている。それに絡む卵も程よく半熟だ。

最近流行りのふわとろ卵というのはワタシは好まない。ふわとろと言えば聞こえが良いが、ほとんど生卵に近い鼻水みたいな(おっと失礼)もんすすって何がおいしいものか。カツも分厚けりゃ良いってものではない。妙に肉臭かったり、お箸でつまむと衣がはげてしまっては台無しだ。そうした店に限って無駄に大きなプラスチック製のお椀のお化けに、のた~っと盛り付けてあり、しかも玉葱までが生煮えでがっかりすることが多い。

ついでに言っておくが、ふわっふわトロットロのオムライスも認めない。あんなもん、料理人の腕の悪さをカバーするために出てきた化け物だとワタシは思っている。

おっと話は戻り、この店のどんぶりは、もちろん昔サイズのどんぶり。何から何までキチンと作られていて、清々しくおいしかった。

|

« ツイッター | トップページ | どんぶり物礼賛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この題名が凄い。「正しいカツ丼」俺には思いつかない題名だ。
このカツ丼を勧めた本人として、上記のように評価していただいて嬉しい。
実は、いろいろな来客にこれを食してもらっているのだが、
全員が美味しいと言って褒めてくれる。
俺自身もファンの一人。

過日、この店の前を通りかかった時に岡持を褒めていたね。
確かによく見ると年期の固まりのような岡持だ。
ずっとこれで商売しているんだろうな。

実は玉子丼も旨い。単純にカツ丼のカツがないもの。
カツがない分、ほどよい半熟玉子の味を満喫できる。
天とじ丼は知っているかな。カツの代わりに天ぷらが入っている丼。
小さなエビ天が3つ。東京の天丼とはちょっと違う。
一節ではこの天とじ丼は名古屋名物だとか。
これ、不確か情報。誰か真実を知っている人がいたら教えて。

さて、これで、もう一度、本校を訪問したくなったでしょ。
また、お昼時にどうぞ。

投稿: kevin | 2010年6月27日 (日) 20時58分

kevinさま

コメントありがとうございます。
「玉子丼」あの店なら間違いなくおいしいでしょうね!
いま「玉子」と書いていて気付きました。
卵と玉子・・・卵は原材料で、玉子は料理されたものかしら?

「天とじ丼」もちろん知っています。
子どもの頃、家の近所のうどん屋さんの天丼も、卵でとじてありました。
少し大きくなってから東京で天丼を食べたとき、様子が違っていてびっくりしましたもの(笑)

投稿: おたか | 2010年6月28日 (月) 08時16分

俺のお袋が作る「天丼」も玉子でとじてある。
お袋は関東風天丼を言う時は、わざわざ「玉子のない天丼」と言う。
で、天とじ丼も食べたくなったでしょ。

投稿: kevin | 2010年6月28日 (月) 10時52分

鷹代女史 ふんにゃを なまなま玉子かけは 邪道と 私は思ってました. タレントが ワアォーッとか 叫び ビーフストロガノフの下の ぐたあっとしたオムライス食べ出すのミルト 嫌気さします. わたしゃあ 池波先生の大大ファンで 先生のグルメ足跡を一軒ずつ 訪ねています かつ丼食べて 岡田ジャポン 勝ってね!!!!

投稿: 未完のたく実 | 2010年6月28日 (月) 22時29分

鷹代女史 ふにゃん なまなま玉子かけは 邪道!と 私は思ってました. タレントが ワアォーッとか 叫び ビーフストロガノフの下の ぐたあっとしたオムライス食べ出すのミルト 嫌気さします. わたしゃあ 池波先生の大大ファンで 先生のグルメ足跡を一軒ずつ 訪ねています かつ丼食べて 岡田ジャポン 勝ってね!!!!

投稿: 未完のたく実 | 2010年6月28日 (月) 22時31分

kevinさま
どんぶりからはみ出る大海老もいいけれど、さいまき海老を香ばしく揚げた天丼もいいですよね~
いま、朝なのですが「天とじ丼」食べたくなりました(^_^.)

投稿: おたか | 2010年6月29日 (火) 06時26分

未完のたく実 さま
コメントありがとうございます!!!
『ビーフストロガノフの下の ぐたあっとしたオムライス』そうそう!あれはいけません。あんなものを流行らせてはならんと思っとります。
同感の方がいらしてうれしい限りです。

池波先生、ワタシもファンです。
梅安が仕事に出かける前に作った、アサリと大根千切りの鍋など作って喜んでいます♪

投稿: おたか | 2010年6月29日 (火) 06時35分

岡持ち と いう 言葉を ただしい綴りで 記されていらして 博識深さを感じます. 空腹極致の時 丼ものを ふうふう 頂くと 日本人でよかったと 微かに 微笑みます.

投稿: 未完のたく実 | 2010年6月29日 (火) 21時51分

未完のたく実さま

「微かに 微笑みます」まさにそう思います!!素晴らしい表現ね。こちらこそ感服いたします。

投稿: おたか | 2010年6月30日 (水) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正しいカツ丼:

« ツイッター | トップページ | どんぶり物礼賛 »