« 世話疲れ | トップページ | 古本屋 »

2010年7月 8日 (木)

高校で話す

6日は某高等学校で社会人講師として、ひとコマ授業をさせていただいた。
テーマは「商業科からの進学について」

もとはと言えば、お世話になっているかたから、このテーマについて話せる人を知りませんか?との問い合わせを受け、それならぴったりの人を知っているわとご紹介したものだった。紹介した人物も大変乗り気だったのだが…彼の上司が偏屈者で「そんなことのために、平日わざわざ彼を出せない、こっちの仕事はどうしてくれる」とおゴネ遊ばし…代わりが見つからず…急遽タカヨさんでもできるでしょお願い。となった次第。

準備期間は3日間、資料を集め、大学生たちを捕まえインタビューして、大慌てで準備完了。

60名の1年生相手に大汗かきかき何とか終了。爆笑は取れなかったものの、クスッと笑いは数回、居眠りは出さなかったからまあいいか。(評価する箇所がちがうでしょ)

高校1年生可愛かったな。いつも相手にしている大学生とは大違いだった。
数日後に学生たちのアンケートが戻って来るというのでびくびくしながら待っている。

|

« 世話疲れ | トップページ | 古本屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高校の講師って すごいですねぇ みんな水打ったみたいに 聞いてるのかしら. 私は 女学生の時代 文化祭記念で 故 楠本憲吉先生を 講師にお願いして 快諾され ぼうっとなって 司会もめちゃくちゃでした. あれからですわ ナイスミドル好きわ あっ 脱線 破顔一笑 毎日 ご活躍ですね

投稿: マダムサムタイムケリー | 2010年7月 8日 (木) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校で話す:

« 世話疲れ | トップページ | 古本屋 »