« もうピースサインは止めないか | トップページ | もう10月! »

2010年9月29日 (水)

迷い犬

親しくしている錦のママからメール

「ミニチュアダックスフンド 雄 五歳 茶色で  左目だけブルーの犬が 今月15日 夕方 姪の 家から行方不明になりました。姪夫婦はあらゆる手立てを尽くして探しています。…略…」
姪御さんは岐阜の某市に住んでいて、その地方にお知り合いがいらっしゃったら伝えてほしいと言うものだった。

昔、家にいたワンコが迷子になったと想像するだけで、胸が締め付けられる思い。ペットは家族いや家族以上の時もある。
ちょうど某市在住の元会社の後輩がいたので、メールを転送。

早速返信が来て、母上様や妹さんにも声をかけましょうと言ってくれた。すでに連絡済みかも知れませんがと前置きし、警察、動物病院、ペットホテルなど情報が集まりそうな所へも連絡されては?とのアドバイスも添えられていた。
さすが!心優しく聡明な後輩よ!

すぐさまママにも連絡し、夕食を摂っているとまたもやママからメール。
「見つかりました!お寺の縁の下で震えていました。痩せちゃいましたが無事です。お友達にもよろしくお伝えください。ありがとうございました」とのこと。
良かった良かった

ここからは非論理的な話。顔の広いママのことだから、きっと何十人、何百人にメールを送ったと思う。それを受け取った人たちの多くがワタシのように「何とか見つかってほしい」と思った(念じた?)と思う。
みんなの思いが目に見えぬ糸となり、ワンコまたはお寺さんに繋がったのならものすごいなあ。思えば叶う。

昭和の時代では、錦のママがメール一斉配信なんて考えられないことだし、そのメールがもしワタシの妄想のように繋がったとすれば、ヒトの感性が研ぎ澄まされていた太古の時代のようだ。
ITとテレパシー相入れないであろうものが、繋がったのなら愉快愉快。世の中まだ捨てたものではない。

|

« もうピースサインは止めないか | トップページ | もう10月! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷い犬:

« もうピースサインは止めないか | トップページ | もう10月! »