« 内定率 | トップページ | PC不調 »

2010年11月18日 (木)

こんにゃくゼリー

こんにゃくゼリーを食べて喉に詰まらせ死亡した1才9ヶ月の子どもの両親がメーカーに対して損害賠償と製造差し止めを求めた訴訟について、請求棄却の判決が出た。

可愛い盛りの子どもさんを亡くされたご両親の悲しみは測り知れないものがあると思う。今回の判決は到底受けいれられないものだとも思う。
お子様のご冥福を心よりお祈りしたい。

以下は鬼のそしりを覚悟で書く。
(しかし当事者である親御さんを批判するものではない。あくまでも一般論だ)

こんにゃくゼリーで人が亡くなったのは今回が初めてではない。マスコミがそれ見たことかと報道しているから、知らぬわけはない。
幼児が一人で冷蔵庫を開けて、氷らせたゼリーを自ら取り出し、容器を開け中味を出して口にしたとは考えにくい。
恐らく保護者が食べさせたか、テーブルまでは運んだはずだ。

しつこいが、こんにゃくゼリーが危険な食べ物であることはわかっているはずだから、幼児に食べさせる時には細心の注意をすべきである。
それにゼリーと名が付いていても正体はこんにゃく。口の中、体温では溶けないことは大人なら解っているはず。そうしたら、細かく切って口に入れてあげられるはずだ。

以前にも保育園児がのどに詰まらせ死亡したことがあった。
ワタシはこんにゃくゼリーが好きではないが、それでも数回食べたことはある。
その食べ方も問題ではないだろうか?

容器の上部のフィルムを剥がすと、プラスチックの容器を押して口元に運び、つるんと食べるのが一般的なようだ。
もっと勇ましい方々は、口を開け、上を向いてぺろりと食される。
これはエレガントな食べ方ではないわね。少なくともレディーのやる仕草ではない。
それに、つるんと口に入れるときには、息を吸い込むものだから、喉へ直行すれば危険なことになるわけだ。

もし、皿にあけてフォークを使えば、こんにゃくのしぶとさがフォークを通して判り用心出来ると思う。皿に出すのが面倒でも、フォークなりスプーンですくえば同様の感想を抱くはず。
子どもたちにも、こうして食べさせていれば、こんにゃくの正体は知らずとも直感的にどのような食べ方をすべき食物かが判断出来ると思う。

近頃の大人たちが子ども達への配慮というか関心が希薄になってきているのも、このような事故が起こる原因のひとつではないかな?と思う。

もうひとつ、世の中忙しすぎて、食べ物を材料から作ることが少なくなって、「製品」を買って食べることが当たり前になってきているものだから、材料や製法の知識が大人でさえ少なくなってきているのではないだろうか?
「こんにゃくだから口内の体温では溶けない」と書いていて、これを皆が知っているのかな?これも疑問になってきた。

|

« 内定率 | トップページ | PC不調 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

破顔亭様 ご無沙汰です. 本日の お説には 感服してます. おっしゃる通りです. 情けない若親も 多く 又 反対に 年甲斐のない 老女もいますよね. 私は ずっと 体調不調で、 イライラがつのり、 子の、 聞こえぬ様な小さい応答に キレて どしゃべってやりました. 情けない親かも しれないが. これは 世間で 恥カキを重ねない事には 私の 言ってる意味がわからないわなぁって、 自問自答してます. 今日は 立派な お説 勉強させて頂きました.

投稿: ジョリーリキリッキー | 2010年11月21日 (日) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんにゃくゼリー:

« 内定率 | トップページ | PC不調 »