« | トップページ | 級友の結婚 »

2011年2月18日 (金)

厚化粧の就活 その1

景気が悪く、学生たちが就職活動で苦労しているのはご存じのとおり。

これを「ビジネスチャンス」と見て、学生たちにタカル「就職屋」が多くて困っている。

その笑ってしまう「手口」をいくつかご紹介しよう。

面接のトレーニングをしていると・・・
「学面接が終わって、部屋を出るときは、名残惜しそうに出てゆくようにと言われましたがどうしたらいいんですかぁ?」
ワタシ「はぁ?そんなこと誰が言った?」
学「だって講座の先生が言ってたよ」
ワタシ「そんなもん必要ない!さっさとお辞儀をしてとっとと出ればよい。そんなことより、話す中身だ!トロトロしゃべるな」
学「はぁ・・・」

名残惜しそうに出てゆくってねぇ。
演歌歌手の方々が歌い終わっての丁寧なお辞儀(クチパク付きね)、そして舞台の袖に引いてゆく、あんな感じで行けばいいのかね?

|

« | トップページ | 級友の結婚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

学生時分から 根本的なモラル マナーの 何タルかを 教示されてない人には 家庭での教え, 愛情が 必要ですが, これまた 希薄 ほぼ 無いと言って良いかも. 自分の足元に 照らし合わせると, 生意気に申せないですが, 何か おかしな 時代です,

投稿: ジョリーリキリッキー | 2011年2月19日 (土) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚化粧の就活 その1:

« | トップページ | 級友の結婚 »