« テレビの影響 | トップページ | 『与える』という言葉 »

2011年3月26日 (土)

この国のために

大震災で亡くなられた方々のご冥福を祈らねばならぬ。
被災され不自由な避難所暮らしをしておられる皆さんが、一刻も早く普段の暮らしに戻れるよう、募金に協力し、ボランティアにも行って・・・

わたしたちに出来ることはそれだけだろうか?
歌舞音曲を控え、眉間に皺寄せじっとしていて良いのか?

普段どおり働ける我らは、震災前よりずっと沢山働くべきだ。元気を出すべきだ。
もっともっと働いて働いて、儲けて儲かった分は被災地の皆さんへ送らねばならぬ。

あと少し落ち着いたら、建物や道路や線路の整備も始まるであろう。そのためには日本中で頑張らなければ。
そして、こうした仕事にたずさわる会社やそこで働く人たちを「復興バブルだね」などと妬んではならぬ。やきもちを焼く暇があったら彼らのことまで応援すべきなのだ。

やがて復興にたずさわる皆さんが潤えば、周りにもお金が循環してゆく。
そうやって皆でこの国を盛り上げる時ではないだろうか?

「国のために」先の戦争の苦い経験があるから、日本ではこの言葉は忌まれる傾向にあった。
けれどもいま、皆がこの国のために心を合わせて頑張る時だと思う。
各々が各々の持ち場で国のために出来ることは何か?を考えようではないか。


|

« テレビの影響 | トップページ | 『与える』という言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お説は 正しすぎる位です。 世界の大国から, ドンドン 資金提供受けて, 借款無しで外交速やかに 進めてほしい物です. 原発の仕事に携わってみえる方々は, 生きて地獄の想いに ミチミチてると想像します. 一体 どういう保証 保障 を 民主は,手打つのか,又 こんな時 都知事選ナンセンスとも 感じます.

投稿: ジョリーリキリッキー | 2011年3月27日 (日) 19時11分

ジョリーリキリッキー さま
コメントありがとうございます。
言い方悪いのですが、何でもかんでもの自粛ムードに苛立ち、偉そうに書きました。
国のリーダーがまったく頼りにならない今、私たち一人一人がしっかりしなくては、立ち直れないように思います。

投稿: | 2011年3月28日 (月) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この国のために:

« テレビの影響 | トップページ | 『与える』という言葉 »