« かりんとう饅頭 | トップページ | 地震 »

2011年3月11日 (金)

はかま

今年も卒業式シーズンがやってきて、またもや女子大生の袴姿の酷さが目についたので一言。
われながらしつこいね〜

今年のトンデモ袴姿トップ3
1.盛り髪ムスメ
キャバクラというところへは行ったことはないが、袴の上に写真で見るキャバ嬢の髪型が乗っている。金髪盛り髪で和服ねぇ。。。

2.着付けが変
何というか、袴の後ろ姿がもっさりしていたり、必要以上に抜き襟しちゃって色っぽすぎたり。

3.お化粧
洋装と同じ化粧をしてしまうものだから、首から上が浮いてしまう。
目の隈どりがものすごい。付けまつ毛もバサバサでご丁寧にもラメまで入っているぞ。

先日、髪を切りに行き、馴染みの美容師さんに、この惨状?を訴えた。お願い、あなたのところじゃあんな酷いことはしないでね。と。

すると2については、大いに賛同してくれた。最近では貸衣装屋さんが、付帯サービスとして着付けをやってくれることが多く、着物のことを良く知らない人達がパパーッと着せるものだから、あんな風になってしまうのだそうだ。

1と3は、そういう気持ちは良く分かるんだけどねと前置きをして・・・
「そりゃ宝塚の卒業式みたいにきりりと作れば、清々しいんだけど、伝統の中にも今風を入れてゆかないと、この業界では取り残されちゃうの。若い子たちの希望も取り入れながら、それでいて品のある姿を決めることが求められるのよ。
だから、ふわふわ髪を希望されたら、それを叶えつつも着物にふさわしく襟足は、すっきりさせるとか、目を大きくしたい子には下品にならない程度に付けまつ毛をつけてあげたりね。
昔ながらのことだけやってるとね、あそこの着付けやメークは、古臭くてダメってウワサになっちゃっておしまいなんだわ。
お客さんの要望も叶えて、店の格も守る、ここが腕の見せ所よ、あはは」

コンサルの先生様たちは、マーケティングなどとご立派なことをもっともらしくおっしゃるが、小さなお店の主人は、理論など知らなくても、きっちり地に足を付けて実践していた。

|

« かりんとう饅頭 | トップページ | 地震 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても ハートのあったかい 美容院ですね. つい 最近ですが, 武士の様に 足を広げ, 二人並んで ハンバーガー 頬張っていて, 着物や袴が, 番組の衣装かと 勘違いして, じっと 見入りました. 何かが おかしいですね. 日本人として, 女性として 最低限 たしなみを 覚えてから, 卒業させてほしい. 付け睫 しない方が, 可愛いのに, すごい パンダメークに, 笑顔無く, 親御さんは 如何に 想うことやら

投稿: ジョリーリキリッキー | 2011年3月12日 (土) 22時42分

ジョリーリキリッキーさま

コメントありがとうございます。
「武士のように…」あははは!いますねぇ、そういう勇ましいお嬢さんたち。
そういう子たちには「たしなみ」の意味すら理解不能かも。

嫌われながらも、古き良き風習は受け継ぎたいと思っています。

投稿: | 2011年3月14日 (月) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はかま:

« かりんとう饅頭 | トップページ | 地震 »