« 文句 | トップページ | うれしい郵便 »

2011年5月27日 (金)

すってんころりん

夜のJR名古屋駅。
発車時刻ギリギリだったけれど、これくらいなら乗れるでしょうと速足で階段を上っていたら発車ベルが鳴ってしまった。
いつもなら「次でもいいや~、お茶に行こっと」と、あっさり諦めてしまうのだが、帰宅して作らねばならない資料もあり、若干疲れていて早く自宅でほっとしたかった思いもあり、ワタシとしては全速力で・・・・・・

あと一段のところで、足が上がらなくなり派手に転んでしまった。
と、同時に発車のホイッスル。

あーカッコワルイ。
イタタタタ
万事休す。

大音響をたててひっくり返った中年おんな、ショルダーバッグと書類カバンは、それぞれ数メートル吹っ飛んでいる。
情けない惨状を見るに見かねた駅員さんが助けてくれ、しかも車掌さんに相図してくれていったん閉まったドアまで開けてくれたのだ。(JRとしては異例かも)
「すみません、ありがとう」と乗車。

でも、この一部始終を車内から眺めていた乗客の皆さんと一緒に乗って行くのは、いくら厚顔無恥な中年おんなとしても、気恥ずかしかったなぁ。

現在、片ヒザは内出血で真っ黒。向こうズネも真っ黒。両足首なぜか軽くねんざ。
とほほ

ワタシと似通った年齢の皆さま、どうかお気をつけ遊ばせ。

|

« 文句 | トップページ | うれしい郵便 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すってんころりん:

« 文句 | トップページ | うれしい郵便 »