« カップル就活 | トップページ | 蕎麦屋で一杯 »

2011年12月16日 (金)

恩師の訃報

小学時代の恩師M先生が亡くなられたとの報せがあった。
初夏にクラス会を開いたばかりなのに、次は先生の米寿と私たちの還暦をお祝いしましょうねと言っていたのに・・・

愛知の教育に尽力された先生のお通夜は、大勢の弔問客で盛大なものだった。

クラス会の後、先生に手紙を出した。(筆不精のワタシが自ら書くわけは無く、幹事から「皆でお礼状を書こうぜ!」と促されたから)
クラス会では、話しきれなかった当時の思い出などに添えて「私のような変わりものの子どもは、先生にあの小学校でお世話にならなかったら、ずいぶん苦労したと思います。先生との出会いに感謝します」というようなことをしたためた。

しばらくすると、先生から達筆の返信が来た。前半の思い出話を大層喜んでくださり、 「良く覚えていてくれてありがとう、あなたの住まいから我が家は車ならすぐの場所ではあるし、いちど来ないか?もっと当時の話をしようではありませんか」と うれしく、ありがたいお誘いではあったが、雑事に取り紛れて一日伸ばしにしていた。 そこへ訃報。 取り返しのつかないことをしてしまった。お詫びのしようがなくなってしまった。 不熱心ではあるが、真宗門徒として、親鸞聖人のお歌や蓮如上人の御文は、幾度となく読み聞いている。しかし情けないことに身についていない哀しさ。 先生は最期に身をもって教えてくださったのだ。 今日ある事を感謝し、丁寧に生きねばならぬ。 あすありと 思う心の 仇桜 夜半に 嵐の吹かぬものかは  

朝に紅顔ありて 夕には白骨となれる身なり  

|

« カップル就活 | トップページ | 蕎麦屋で一杯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最後に 書かれてる, 御歌 文言 胸に つきささり, 本当に 号泣致しました。 近くで 近くて あえないのは, 浮世の常かも しれないです。 市外や 県外に 居住してみえても, 頻繁に あえる事も,まま 有ります。 恩師の ご壮健な お姿に あわれてみえて, 破顔亭さんは お 心得が, よろしいんですよ。 合掌

投稿: マダムサムタイムケリー's | 2011年12月18日 (日) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恩師の訃報:

« カップル就活 | トップページ | 蕎麦屋で一杯 »