« 邪気 | トップページ | 本田選手の作文 »

2013年6月 5日 (水)

負けない

昨晩のガイアの夜明け「リストラに負けない! 家電戦士たちの逆襲」を見た。
古巣の親元P社の社員の奮闘の取材もあり、感慨深いものがあった。

ワタシがP社を出たのは7年前。豪華客船からは氷山の姿が見え隠れし出した頃。肩を叩かれたわけでもなく去って行く私の背中に「敵前逃亡」の言葉が刺さった。
けれどもその頃のワタシは、氷山が迫って来ることに薄々気づきながらも、相変わらず陽気にやっている周りと歩調を合わす事がどうにも出来ず、自ら下船を決めた。
下船後、転職という選択肢は考えず、真っ直ぐ独立の道を選んだ。居心地の良い豪華客船から、急転、イカダの船長となり幾たびの嵐をくぐり抜けてきた。温室育ちの身にはひどく辛いものだったが、不思議と心は客船時代より数千倍自由になった。

番組の後半、Pi社出身者たち(Pではなく、音響関係のPi社)が起こした会社の事例が紹介された。その会社の社長の言葉が印象に残った。
「私たちは、これからもまだまだやりたい事があります。それを実現してゆきます。年齢なんか関係ないですよ」いい表情でお話になった。

このところの心身の不調で、引退の二文字も心に浮かんでいた自分が恥ずかしくなった。やり切ってもいないのに、ここで舟を降りるわけにはゆかない。

|

« 邪気 | トップページ | 本田選手の作文 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事