2007年2月21日 (水)

若い起業家

大姉御に紹介していただいた、起業家の青年に会いに行った。春に行なうイベントで講演をお願いするためだ。

大姉御が太鼓判を押す青年なのだからどんな方だろうか?と楽しみにしていたが、予想を上回る?好青年だった。頭脳明晰で元気、それでいて大人の抑制が効いている。いったいこの人はどのような道を歩んできたのだろうか?カウンセラーとしてとても興味が湧いた。

当方のわがままな依頼を快く受けてくださり、打ち合わせは気持ちよいテンポで進んだ。表情とは裏腹の本音の探りあいといった、これまでの「大人」が良くやる回りくどい段取りを省いた、本音と本音の話し合いは心地よかった。これからの連携を約束して、晴々とした気持ちで事務所を後にした。

こうした青年が近くで活躍してくれているのは、頼もしくうれしい限りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

模擬面接

昨日に引き続き、大学にて模擬面接を行なった。

数日後に役員面接を控えているのでチェックしてください。という学生もいれば、「練習」だとわかっていてもガチガチに緊張してしまい、何を言っているのか自分でもわからなくなってしまう初心者?まで、仕上がり具合はいろいろだ。その学生の進行具合に合わせてアドバイスを行なった。30分ずつ12名。かなりハードな一日だった。

中には妙に世慣れしたお嬢様もいて、「子どもの頃からゴルフコースに出ていましたから、オジサマオバサマとお話するのは慣れています。面接官のオジサマとも仲良くお話出来ちゃいます。私にとっては就活なんて簡単です。」と昂然とおっしゃった。   こういう学生さんには世の中の荒波を体験して辛酸をなめていただかなくては、と思う反面、オジサマキラーな表情・話しぶりにコロッと参ってしまう会社幹部の姿も見え隠れしてしまい、思いは複雑だ。

ともあれ、皆さんが納得いく就職活動をしてもらうために、私たちは努力を惜しまないと決心している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

エントリーシート添削

大学生の就職活動が活発になり、いよいよ「本番」の時期になった。若者の就労支援を得意とするキャリアコンサルタントである私も繁忙期を迎えることになった。これから4月下旬までは学生からの相談に応じる日々になる。

きょうは大学でエントリーシートの添削相談を行なった。この時期、確実に自己分析が出来ていて応募書類も明確に書けている学生もいれば、まったく何を書いているんだろう???という学生もいて、出来はバラバラだ。

学生の仕上がり具合に応じた添削を行い、最後は「がんばるんだよ!」と励まして終わる。どの学生にも納得の行く内定を勝ち取ってもらいたいと、親のような気持ちで祈っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

電光石火

講演を頼みたいが良い講師の先生が見つからず困っていた。大姉御の事務所へうかがった折にそのことを相談すると、「そういう内容ならば、○○さんが良いんじゃないの?連絡して紹介してあげる。」と即答。その場で電話してくださり、話をつけてくださった。そのまま電話を代わってくださり、来週に打ち合わせのアポまでとらせていただいた。その間、わずか数分!ここ数日の悩みが一瞬にして解決してしまった。ほんとうにありがたいことだ。

大姉御のネットワークの広さ、人望、そして私のようなヒヨコ(年はとっているが)の頼みも快く引き受け、即動いてくださるフットワークの軽さ。すべてお手本にしたい。彼女と私の年の差は10才。10年後の私は後輩たちを、今日のような鮮やかさで助けることが出来るだろうか?はなはだ自信はないが、少しでも近づけるよう努力をしてゆきたいと思う。

どうかこれからもご指導よろしくお願いいたします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

模擬面接

大学生の就職活動が本格的になり、それを支援するキャリアコンサルタントの仕事も繁忙期に入った。

きょうは大学のキャリアセンターに呼ばれて、面接のリハーサル、模擬面接を行った。10時から5時まで予約はびっしり入り、12名の学生にたいして指導を行なった。

学生の真剣さに誘発されて、こちらの指導にも熱が入り、気合の入った一日になった。どうか皆が希望する企業に入り、生き生きと働いて欲しいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

楽しい出会い

大変お世話になっているNPO「起業支援ネット」の講座「社会参画講座~自分らしく働くためのはじめの一歩セミナー」の一環で、事業所訪問の事業所のひとつとして、わが零細企業を選んでいただいた。今日がその訪問日だった。

雨の中、9名の皆さんが、わが事務所に来てくださった。事務所の椅子は全部で9脚。すべての椅子にお客様が座っていただいたのは、事務所開きパーティー以来のことで、千客万来とてもうれしかった。

起業を始めようと考えていらっしゃる方、社会とのかかわり合い方を模索されている方を前に、僭越ながら起業の先輩として、起業を志したきっかけ、事業内容についてお話をさせていただいた。見栄をはったり格好つけても始まらないので、これまでの悪戦苦闘ぶりをそのままに話させていただいた。参考になったのかどうか?少々心配だが、うれしかったのは、参加された皆さんが帰り際に口々に「がんばってくださいね。」と私を励ましてくださったことだ。皆さんから元気をいただけて、とてもうれしい一日になった。

そしてもっとうれしくて、驚いたことがある。随行して来られた、今回の講座のプロデューサーのS子さんのこと。以前に別の勉強会の講師としてお目にかかったことはあったのだが、その他でもどこかでお目にかかったことがあるなぁ・・・と思っていたのだが、受講生の皆さんがお帰りになってから、お話をうかがうと、なんとなんと、以前に前の会社へ仕事で来ておられたことが判った。不思議な再会にも感謝!!この出会いを創ってくださった起業支援ネットさんにも感謝感謝!!です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

大阪出張

昨日、今日と、大阪の大親友からの紹介で、就労支援セミナーのコーディネートを行なった。講師は社労士のKさんと、元客室乗務員のMさん。お二人ともご自分の仕事の経験談を交えながら、親しみやすくわかりやすい講義をしていただいた。講座後の受講者の皆さんからのアンケートの結果も上々で、初遠征は皆さんのおかげで成功だった。

講義後、一日目は別の仕事の打ち合わせのち皆さんで食事会、そのあと大親友の家に転がり込んで深夜まで話し込んだ。二日目は、講師のMさんと親友の三名でごくろうさまの夕食をおしゃれにイタリアンで。話に花が咲きすぎて、名古屋まで帰らなければならないことをうっかり忘れそうになったほど楽しかった。名残を惜しみつつ再会を約束して遅い新幹線で帰宅した。

身体はひどく疲れたが、たくさんの方々にお目にかかってお話できたことで、気持ちはとても元気になれた。明日からもがんばれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

模擬面接指導

知人から、「講師のスケジュール調整がつかず、きょうの講座に穴が空きそうなので助けて。」とSOSが入り、急遽講義を行うことに。内容は若者対象の模擬面接だったので、ロールプレイングを中心に行った。(このところ緊急出動?が多い)

ポイントは ・第一印象が大切であること  ・まずは相手の質問を落ち着いて聞き、受け答えをすること   ・丁寧な言葉遣いを心がける  

そして、何より大切なのは、自分のよいところ、出来ることを相手にアピールすることだ。面接試験は、ともすると、受験者側が「どうか雇ってください。」と気持ち的に低姿勢になりがちだが、自分自身をプレゼンテーションするチャンスと捉えて臨めば、リラックス出来るし、より善い対応ができるはずだ。

皆熱心に取り組んでくれて、良い講座になった。講義の終わりに質疑応答の時間を設けたのだが、2,3の質問で終わり、「ではお疲れ様でした。」と終了を告げ、片づけをしていると、ポツリ、ポツリと「あのー」と個別に質問にやって来る。これはいつものことで、なかなか皆の前では話せない個別の相談だ。こうして、尋ねてくれることは、とてもうれしい。ヒソヒソと個別の対策を伝授して、本当に終了した。

彼らの就職を願っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

アルバイト引率

お世話になっている会社から、大量のDMを発送するので手を貸して欲しいと連絡があった。それならばということで、ニートと呼ばれる青年たちを引き連れてお邪魔した。

「ニート」と聞くと、若いのに働かない怠け者、というイメージがあるが、その実態は色々なケースがあって、決してひとくくりには出来ない。私がかかわっている若者たちは、種々の事情で、ある一時期引きこもり状態になり、そこから脱出して社会復帰を目指している人たちだ。彼等の場合、働かないではなく働けないのである。働く気持ちはあっても、自分に自信が無く不安であるし、世間の(受け入れ側)無理解もあって、立ち尽くしている若者が多い。

「ひここもり」これも何だか語感が悪い。何年も家に閉じこもっていた若者が、事件を起こすとマスコミはセンセーショナルに取り上げるので、ますます居心地が悪くなってしまう。けれども彼等の多くは、そうした危険性を全く持っていない。私の周りにいる若者は、とても穏やかで、街中でたむろしている兄ちゃん姉ちゃんよりは、ずっと礼儀正しく、思いやりの気持ちがあり、知的でさえある。こうした若者たちを世間の片隅で立ち枯れさせてはならない、なんとか社会に溶け込んでもらいたい、社会に受け入れてもらいたいと願っている。

さて、アルバイト。会議テーブルに山と積まれた印刷物を前に、私が大声で「さーて、やりますかぁ」と気合を入れる。それにつられて彼らも「うん、やりましょう。」「出来ますよね。」などと言いながら作業開始。あれこれ世間話をしながら手を動かすうちに、いいペースが掴めてきた。若者たちからもジョークが飛び出したりして、笑い声が出る楽しい作業になってきた。なかなか良い感じで進みランチタイムに。私は午後、別の仕事が入っていたので、「あとはよろしく!」と早退した。夕方、受け入れてくださった会社の方に電話でうかがうと、なんとか出来上がり、発送に間に合ったそうである。中にはこれでは完成しないと言って、最初の契約より長い時間働いてくれた子もいたようで、その気持ちがうれしかった。会社の方にお礼を言って電話を切りながら、なんともうれしい気分になった。協力してくれたみんなありがとう!!!

こうした単発の仕事をチームでこなしつつ、仕事になれてゆき、ゆくゆくはひとり立ちしてもらいたいと考えている。人手が足りないとお困りの皆さま、ぜひ声をかけてください。若者を引き連れて参上いたします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

犬も歩けば・・・

銀行→NPO関連の会議→すばやくオフィスへ戻ってデスクワーク→またもや出かけてミーティング→オフィス と、めまぐるしい一日だった。

その間に大親友から仕事の打診。午後のミーティングでは仕事のヒントをいただき、オフィスに帰れば、先輩からまたもや仕事のヒントをいただいた。ありがたいことである。

いただいた仕事の種を大事に育てて、実らせなくてはならない。さーて作戦を練らなくては!!

もうひとつうれしい情報が舞い込んだ。サラリーマン時代の友人たちとの少し遅い新年会のお誘いがあった。もちろん参加の返事。これも楽しみ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧